Body Arts Laboratory :: Blog

カテゴリ:News( 104 )

wwfes 2018 そかいはしゃくち|予約受付中

b0165296_21501059.jpg

アーティストが主導するボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL、ディレクター:山崎広太)主催によるダンス・フェスティバルの第8回として、whenever wherever festival(ウェンウェア・フェス)2018を開催します。

wwfes 2018では、4名のアーティスト、福留麻里(ダンサー)・aokid(アーティスト)・村社祐太朗(新聞家主宰、演劇作家)・七里圭(映画監督)がキュレーターとして企画したパフォーマンスやトーク、展示などのプログラムを行います。また、空間デザインを木内俊克+山川陸が担当。「そかいはしゃくち」をテーマに、北千住BUoY地下劇場が6つに仕切られた空間で、企画ごとに異なるエリアを用いて、複数のプログラムが4日間で展開されます。

  • 福留麻里企画「he meets no time capsule ひ みつ の たいむかぷせる」松本力×佐々木文美
  • aokid企画「Nice to meet you ! And we…」たくみちゃん(橋本匠)、ハラサオリ、村上裕
  • 村社祐太朗企画「コンペティション|演劇のデザイン」内野儀、村社祐太朗、他
  • 七里圭企画「ワンダー・ロケーション」山形育弘、神村恵、田中淳一郎、菊地敦子、田中真琴、佐藤駿、他
  • 山崎広太企画「病める舞姫をテキストにした公演」石井則仁、三東瑠璃
ほか

■開催情報

whenever wherever festival 2018 そかいはしゃくち
期間:2018年4月26日[木]―29日[日]
会場:北千住BUoY

※同時開催|BALパフォーマンス・プログラム(企画:山崎広太)




b0165296_22154089.jpg


[PR]
by bodyartslab | 2018-04-11 00:00 | News

wwfes 2018|山崎広太インタビュー

wwfes(ウェンウェア・フェス)2018の開催に先駆けた関連企画としてインタビューを実施。第一弾は、フェスティバルの主宰者である山崎広太へ、キュレーターのひとり福留麻里が時差を超えてのインタビューを行いました。ニューヨークでのダンス活動、ダンスの持つ可能性についてなど、前編・後編にわたってお届けします。

山崎広太インタビュー 

[PR]
by bodyartslab | 2018-01-13 00:00 | News

wwfes 2015|フォトレポート Part 1


土方巽「病める舞姫」をテクストにした公演

捩子ぴじん、東野祥子

2015.12.7

b0165296_00215334.jpgb0165296_00224128.jpg



《rendance/世代間の対話》

2015.12.6

b0165296_00343991.jpg


b0165296_00471275.jpg



《not knowing あなたのこと知らない》
石和田尚子×鈴木清貴
JOU×杉田丈作
渡辺有為子×アキオキムラ×渡辺好博

2015.12.6

b0165296_00263068.jpg

b0165296_00345482.jpg


b0165296_00341534.jpg




whenever wherever festival 2015
BALパフォーマンス・プログラム

期間:2015年12月4日[金]-13日[日]
会場:森下スタジオ A

主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー
助成:公益財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金、
日米友好基金「日米芸術家交換プログラム・フェローシップ」(ジュリアン・バーネット)

空間デザイン:木内俊克


[PR]
by bodyartslab | 2017-10-22 00:00 | News

参加予約受付中|wwfes white 2015 不可視の身体[プレイベント]アジア的身体について

b0165296_352964.jpg

4名のアーティストがキュレーターのダンスフェスティバル、
ウェン・ウェア・フェス・ホワイト2015のプレイベント
「アジア的身体について」と題してレクチャー・試演会などを開催します


参加予約受付中!
[同時開催]
- パフォーマンス・ラボ ショーケース上演参加者募集中!|2015.1.5締切
- 山崎広太ダンス・テクニッククラス


:: wwfes white 2015 不可視の身体
キュレーター:生西康典[演出家]、大久保裕子[アーティスト/ダンサー]、大倉摩矢子[舞踏家]、田村友一郎[写真・映像]
空間デザイン:木内俊克[建築家]

>>> 特設サイト


[プログラム]

アジア的身体について[映像上映・レクチャー+試演会+トーク]

1|1月24日(土)15:00-18:30|参加費:2000円

- 石井達朗[舞踊評論家]
 映像上映・レクチャー「祭祀とトランス――バリ島村落の隠れた世界を探る」
- 鯨井謙太郎[ダンス]+藤田陽介[声、自作パイプオルガン]+鮫島圭代[墨絵]
 試演会「音・身体・墨――共鳴からうまれる滲み」(仮題)
- トーク:上記ゲスト+生西康典、大倉摩矢子、大久保裕子 ほか

|2|1月25日(日)13:00-16:30|参加費:2000円(プログラム2+3:3000円)

- 武藤大祐[ダンス批評家・振付家]
 映像上映・レクチャー「踊る身体――呼吸・眼差し・政治」
- 金宜伸(キムウイシン)[ダンサー]
 デモンストレーション「ベリーダンスと韓国舞踊」
- トーク:上記ゲスト+生西康典、大久保裕子 ほか

|3|1月25日(日)17:30-21:00|参加費:2000円(プログラム2+3:3000円)

- 佐藤剛裕[チベット文化史研究]
 映像上映・レクチャー「チベット密教舞踊における反スペクタクル」
- フルハシユミコ[シンガーソングバトキ(馬頭琴)ニスト]
 試演会「モンゴルの伝統音楽――モリンホール(馬頭琴)とオルティンドー(長い唄)」
- トーク:上記ゲスト+生西康典、大倉摩矢子、大久保裕子 ほか

映像上映・レクチャー 企画:生西康典
パフォーマンス(試演会) 企画:大倉摩矢子
音響:長尾悠市|協力:美学校

:: テーマに寄せたテキスト|生西康典「アジア的身体とは?」 

同時開催

b0165296_132023.jpg
パフォーマンス・ラボ[ショーケース・講評]

1月30日(金)19:00-
1月31日(土)18:00-
|観覧参加費:無料/上演参加費:3000円
- ショーケース:公募によるパフォーマー(1回3組予定)
- 講評 アドバイザー:山崎広太[振付家・ダンサー・BALディレクター]


山崎広太ダンス・テクニック[クラス]

1月26日(月)19:00-21:00
1月27日(火)19:00-21:00
|各2000円



[開催概要]

ダンスフェスティバル「ウェン・ウェア・フェス」は、2015年秋、4名のアーティストがキュレーションするwwfes white(ウェン・ウェア・フェス・ホワイト)として新たに始動します。

wwfes white 2015のテーマは「不可視の身体」。1月にそのプレイベントとして、「アジア的身体について」と題して、テーマへの補助線を設け、映像上映・レクチャーとパフォーマンス、それらを通した、キュレーターを交えたトークを行ないます。

また、同時開催する「パフォーマンス・ラボ」は、現在創作過程の作品をショーイングして、感想を交換するプログラム。ショーケース上演参加者(団体)を募集中です。詳細は特設サイトをご覧ください。


whenever wherever festival white 2015 プレイベント

期間:2015年1月24日(土)―31日(土)

会場:森下スタジオ A
東京都江東区森下3-5-6
[アクセス]地下鉄都営新宿線・都営大江戸線「森下駅」A6出口より徒歩5分

主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー
助成:公益財団法人セゾン文化財団

※参加申込方法など、詳細は、特設サイトをご覧ください。
http://bodyartslabo.tumblr.com/
[PR]
by bodyartslab | 2014-12-25 00:00 | News

wwfes 2014 公演・イベント写真の一部を掲載

9月に行なわれた、wwfes 2014の以下の公演・イベントの模様をおさめた写真を掲載しました。

- DekNobo:非人間型人間(ポルターガイスト型)ロボット
岡﨑乾二郎、田中正之、林道郎、松浦寿夫

- しゃべるダンス
スズキ拓朗

- 音の身体を興す音 魔方陣と召喚獣
山崎阿弥、池田拓実

- ぬれのヒステリシス 影向(ようこう)の光と波(ことば)
有賀眞澄、武井よしみち+ブルーボウルカンパニー’96、
高柳蕗子、金子雄生、由良瓏砂、衣、星衛、神崎悠雅

- 発する身体
山崎広太(演出)

[PR]
by bodyartslab | 2014-12-12 00:00 | News

1月開催予告|wwfes white 2015 不可視の身体 プレイベント

ダンスフェスティバル「ウェン・ウェア・フェス」は、2015年秋、4名のキュレーター制によるwwfes white(ウェン・ウェア・フェス・ホワイト)として新たに始動します。

wwfes white 2015のテーマは「不可視の身体」。1月にそのプレイベントとして、「アジア的身体について」と題して、テーマへの補助線を設け、映像上映・レクチャーとパフォーマンス、そられを通した、キュレーターを交えたトークを行ないます。
※申込方法など、詳細は追ってwebサイトなどで発表します。

⇒特設サイト

wwfes white 2015
キュレーター:生西康典(演出家)、大久保裕子(アーティスト/ダンサー)、大倉摩矢子(舞踏家)、田村友一郎(写真・映像)
空間デザイン:木内俊克(建築家)

⇒wwfesとは



whenever wherever festival white 2015 不可視の身体
プレイベントアジア的身体について
映像上映・レクチャー+パフォーマンス+トーク


映像上映・レクチャー:石井達朗武藤大祐佐藤剛裕
パフォーマンス:鯨井謙太郒藤田陽介鮫島圭代フルハシユミコ
デモンストレーション:金宜伸(キム・ウイシン)

映像上映・レクチャー 企画:生西康典|パフォーマンス 企画:大倉摩矢子

同時開催山崎広太「ダンス・テクニッククラス」ほか予定


プログラム 1
1月24日(土)15:00-18:30|料金:2,000円

●映像上映・レクチャー
石井達朗[舞踊評論家]「祭祀とトランス――バリ島村落の隠れた世界を探る」
●パフォーマンス
鯨井謙太郒[ダンス]、藤田陽介[声、自作パイプオルガン]、鮫島圭代[墨絵]
「音・身体・墨――共鳴からうまれる滲み」(仮題)
●トーク
石井達朗鯨井謙太郒藤田陽介鮫島圭代
生西康典大倉摩矢子大久保裕子 ほか


プログラム 2
1月25日(日)13:00-16:30|料金:2,000円(※プログラム2+3:3,000円)

●映像上映・レクチャー
武藤大祐[ダンス批評家・振付家]「踊る身体について」
●デモンストレーション
金宜伸(キム・ウイシン)[ダンサー]「ベリーダンスと韓国舞踊」
●トーク
武藤大祐金宜伸生西康典大久保裕子 ほか


プログラム 3
1月25日(日)17:30-21:00|料金:2,000円(※プログラム2+3:3,000円)

●映像上映・レクチャー
佐藤剛裕[チベット文化史研究]「チベット密教舞踊における反スペクタクル」
●パフォーマンス
フルハシユミコ[シンガーソングバトキ(馬頭琴)ニスト]
「モンゴルの伝統音楽――モリンホール(馬頭琴)とオルティンド(長い唄)」
●トーク
佐藤剛裕フルハシユミコ生西康典大倉摩矢子大久保裕子 ほか

…………………………………………………………………………………………………………

whenever wherever festival 2015 プレイベント

期間:2015年1月24日(土)―31日(土)

会場:森下スタジオ
東京都江東区森下3-5-6
[アクセス]地下鉄都営新宿線・都営大江戸線「森下駅」A6出口より徒歩5分

主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー
助成:公益財団法人セゾン文化財団
協力:美学校

[PR]
by bodyartslab | 2014-12-05 00:00 | News

wwfes 2014 公演・イベント写真の一部を掲載

9月に行なわれた、wwfes 2014の以下の公演・イベントの模様をおさめた写真を掲載しました。


ナカガワエリ(演出)

鯨井謙太郒、城戸朱理、定方まこと

室伏鴻、桜井圭介

出演者多数

向雲太郎、百合子


[PR]
by bodyartslab | 2014-11-15 01:40 | News

wwfes 2014 発する身体|第3週スケジュール

第6回ウェン・ウェア・フェス最終週、第3週のスケジュールです。予約受付中!

残す二つの公演のうち、『土方巽「病める舞姫」をテキストにした公演』は、言葉と身体のテーマのもと、wwfes 2011から継続するプログラム。「病める舞姫」をノーテーション(舞踊譜)にする試みです。
最終日、「発する身体」は、発声することと身体の動きとが伴った公演。こちらも数年の実験を経て生み出された、声と身体をめぐるストラクチャーの実演を、ぜひご覧ください。

※各詳細ページリンクから、Web予約フォーム、または、E-mailにてお申込みください。
(公演・イベントは予約推奨/当日券を発行)


b0165296_12555965.jpgb0165296_12564968.jpg
performance
9月29日[月]19:00-|1,500円
会場:森下スタジオB

土方巽「病める舞姫」をテキストにした公演
振付・出演:
向雲太郎(舞踏家・振付家・演出家)
百合子(舞踏家)


舞踏の創始者、土方巽の著書『病める舞姫』をノーテーション(舞踊譜)にすることで、言語感覚と身体表現との関係、辺境における身体の風景への考察などを浮かび上がらせる。
wwfes 2011から連続するプログラム。2名のアーティストがそれぞれ取り組みます。


b0165296_1302875.jpg
performance
9月30日[火]19:00-|ドネーション(自由料金)
会場:森下スタジオB

発する身体
演出:山崎広太(振付家・ダンサー、ベニントン大学ゲスト講師)
出演:公募による参加者


音を発することと身体のムーブメントが伴った公演。複数のストラクチャーのなかに身体と声の豊かで重層的な空間を現出させるプロジェクトです。

………………………………………………………………………………………………………………………


whenever wherever festival 2014
発する身体 when a body utters

期間:2014年9月16日(火)-30日(火)

会場:森下スタジオ(一部、こどもの城)
東京都江東区森下3-5-6[map]
⇒ 地下鉄都営新宿線・都営大江戸線「森下駅」A6出口より徒歩5分

企画/主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー|助成:公益財団法人セゾン文化財団


>>テーマ「発する身体」について(ディレクター:山崎広太)

>>フライヤーダウンロード

>>About wwfes 2014 [English]
[PR]
by bodyartslab | 2014-09-27 00:00 | News

wwfes 2014 発する身体|第2週スケジュール

ダンス/パフォーマンスの領域から、言葉と身体の関係を考察するプログラムを
展開しているwwfes 2014。
第2週目がはじまります。予約受付中!

※各詳細ページリンクから、Web予約フォーム、または、E-mailにてお申込みください。
(公演・イベントは予約推奨/当日券を発行|クラス・ワークショップは申込制)

b0165296_217233.jpg
class
9月22日[月]-9月26日[金]10:30-12:15|各2,000円
会場:森下スタジオB

山崎広太|ダンス・テクニック 中級・上級クラス
(振付家・ダンサー、ベニントン大学ゲスト講師)


b0165296_21204741.jpgb0165296_2121674.jpg
performance
9月22日[月]19:00-|1,500円
会場:森下スタジオB

しゃべるダンス|振付・出演:スズキ拓朗(振付家・演出家・ダンサー)

音の身体を興す音 魔方陣と召喚獣
声・歌:山崎阿弥(声のアーティスト、映像・造形作家)
音楽:池田拓実(コンピュータ音楽家、パフォーマー)



b0165296_211903.jpg
showing
9月24日[水]19:00-|500円
会場:森下スタジオ B

声と身体の即興アンサンブル―身体を奏でる
演出:ナカガワエリ(即興楽団UDje( )主宰・おどるボイスパフォーマー)
出演:ワークショップ参加者



performance
9月25日[木]19:00-|2,000円
会場:森下スタジオB

連歌とパフォーマンス|ぬれのヒステリシス 影向(ようこう)の光と波(ことば)
出演:
有賀眞澄(タブロー・光象体作家・定型詩人)
武井よしみち+ブルーボウルカンパニー’96(音・身体表現)
高柳蕗子(歌人)
金子雄生(トランペット)
由良瓏砂(人形作家・パフォーマー)
衣(人形作家・短歌)
星衛(チェロ、笛)
神崎悠雅(デザイナー・パフォーマー)

一座張行の連歌形式を借りたうつろう無のうつし合う界面現象に遊行する境位

一滴の有機滴がここを零れ落ちる「水滴は後へ戻れない」「ない」と「ある」を繋ぐ「なる」時間の成り就く道を付力と親和力の様々な磁性曲線を描きながら、移行し変化し転位する。虚という無限なるものから実を現成させるなかだちとしてまどろむ魂。……(有賀眞澄)


b0165296_2185179.jpg
workshop
9月26日[金]19:00-21:30|2,000円
会場:森下スタジオ B

鯨井謙太郒|オイリュトミー・ワークショップ
(オイリュトミスト、ダンサー)



b0165296_21255920.jpg
performance
9月27日[土]19:00-|2,000円
会場:森下スタジオB

●詩×ダンス×オイリュトミーによる公演|コヱの未来は、未来のカラダ
出演:
定方まこと(オイリュトミスト・ダンサー)
鯨井謙太郒(オイリュトミスト・ダンサー)
城戸朱理(詩人)



b0165296_21351769.jpg
talk
9月28日[日]14:00-|1,000円
会場:森下スタジオB

千の舌|出演:室伏鴻(ダンサー・振付家)、桜井圭介(聞き手)

ダンスには名がない。名のないダンスについて、その無名性について語ることができるか。


b0165296_21495865.jpg
performance
9月28日[日]18:00-|1,000円
会場:森下スタジオB

●rendance/世代間の対話
出演:石川須姝子、藤里照子、花輪洋治、田中いづみ、杉田丈作、
古関すまこ、林浩平、武元賀寿子、柴崎正道、オカザキ恭和、
川本夕子、JOU、後藤茂、幸内未帆、石和田尚子、川田夏実、
新宅一平、山崎麻衣子、京極朋彦、他


………………………………………………………………………………………………………………………

第3週プログラムも予約受付中!

●performance/event|公演・イベント
class/workshop|クラス・ワークショップ

>>フライヤーダウンロード

>>About wwfes 2014 [English]



whenever wherever festival 2014
発する身体 when a body utters

期間:2014年9月16日(火)-30日(火)
会場:森下スタジオ、こどもの城

企画/主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー|助成:公益財団法人セゾン文化財団

>>テーマ「発する身体」について(ディレクター:山崎広太)
[PR]
by bodyartslab | 2014-09-21 00:00 | News

wwfes 2014 発する身体|第1週スケジュール

「wwfes(ウェン・ウェア・フェス)2014 発する身体」、いよいよ来週からスタートです。
第1週目のプログラムをご紹介します。
予約受付中です(各詳細ページリンクから、Web予約フォーム、または、E-mailにてお申込みください)。

※定員間近のプログラムがありますので、ご注意ください。

6回目となるダンスフェスティバル、wwfesでは、公演やワークショップを通して、言葉と身体の関係を考察していきます。
第1週は、特別招聘アーティスト・批評家、クローディア・ラ・ロコ(詩人、「NYタイムズ」「ARTFORUM」などでダンス批評を執筆)のワークショップとレクチャーを開催。大変貴重な機会となりますので、奮ってご参加ください。


b0165296_1992375.jpg
workshop
9月16日[火]-9月20日[土]|15,000円(5日間通し)
※通訳あり

クローディア・ラ・ロコ|書くことについてのワークショップ
(詩人・ダンス批評家)


9/16[火]-9/19[金]18:30-21:00|会場:こどもの城11F
9/20[土]13:00-17:00|会場:森下スタジオB
共催:Dance New Air 2014|提携:NPO法人魁文舎

※このプログラムは予約定員まで間近です。[定員に達したため受付終了]


b0165296_19102867.jpg
performance/roundtable
9月19日[金]18:30-21:30|2,000円
会場:森下スタジオB

特別研究発表・デモ+シンポジウム|
DekNobo:非人間型人間(ポルターガイスト型)ロボット


発表|ドローイングの内的把握:
岡﨑乾二郎(造形作家・批評家)

シンポジウム|時間の階梯(としての制作行為):
田中正之(西洋近現代美術史)、林道郎(美術批評家)、
松浦寿夫(画家・批評家)、岡﨑乾二郎
DekNobo制作スタッフ:辻田勝吉、矢吹耕平

※このプログラムは予約定員まで間近です。
予約が定員に達した場合、当日券を発行予定です。
当日券は、原則として第一部(発表)は立ち見となりますが、ご了承ください。
[定員に達したため予約受付を終了しました。開演30分前より当日券の受付を開始いたします]



b0165296_19105731.jpg
research/performance project
9月20日[土]-9月30日[火]|5,000円(通し参加費)
会場:森下スタジオB

山崎広太|発する身体
(振付家・ダンサー、ベニントン大学ゲスト講師)


リハーサル:
9/20[土]10:15-12:45|9/21[日]10:15-13:15
9/27[土]10:15-13:15|9/28[日]10:15-13:15
公演:9/30[火]19:00-

※身体訓練の経験不問。


b0165296_19111592.jpg
workshop
9月20日[土]-9月24日[水]|1回:2,000円/3回通し:5,000円
会場:森下スタジオB

ナカガワエリ|声と身体の即興アンサンブル―身体を奏でる
(即興楽団UDje( )主宰・おどるボイスパフォーマー)


クラス:
9/20[土]18:00-21:00|9/21[日]18:00-21:00
9/23[火]14:00-17:00
ショーイング:9/24[水]19:00-

※2回以上参加が望まれます。身体訓練の経験不問。


b0165296_1992375.jpg
lecture
9月21日[日]14:30-16:30|1,000円
会場:こどもの城10F|※通訳あり

クローディア・ラ・ロコ|レクチャー
(詩人・ダンス批評家)


ダンスについて書くこと、ダンスと共に書くこと、ダンスの中へ書きこむこと、
そしてダンスを通して書くということについてのレクチャー。

………………………………………………………………………………………………………………………

第2週・3週プログラムも予約受付中!

●performance/event|公演・イベント
class/workshop|クラス・ワークショップ

>>フライヤーダウンロード

>>About wwfes 2014 [English]



whenever wherever festival 2014
発する身体 when a body utters

期間:2014年9月16日(火)-30日(火)
会場:森下スタジオ、こどもの城

企画/主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー|助成:公益財団法人セゾン文化財団

>>テーマ「発する身体」について(ディレクター:山崎広太)
[PR]
by bodyartslab | 2014-09-10 00:00 | News