Body Arts Laboratory :: Blog

カテゴリ:Essay( 15 )

site-specific dance: LMCC - Sitelines 2009

山崎広太


僕にとって毎年夏のNYの風物詩といえば、Lower Manhattan Cultural Council(ローアー・マンハッタン・カルチュラル・カウンシル)が主催するSitelinesシリーズの、外の至る所で行なわれるsite-specific danceだ。今年は、時期が例年より早まったことと、WWFesで東京にいたので、たくさん見ることはできなかった。その中で二つだけ見たので紹介したいと思う。

何よりも圧巻だったのは、Merce Cunningham Dance Companyだった。それはMerceが亡くなった5日後に行なわれた。4月のBAM(Brooklyn Academy of Music)も90歳の誕生日を記念しての公演も凄まじかったが、今回は初めてMerceのsite-specificを見ることができ、堪能した。遠く離れた二つの空間を使って、ダンサーがその二つの空間に移動しながらの作品。ダンサー達が周りの空気と呼応して、宇宙を感じた。NYにおける柳の下の宇宙ではないが、全てを受け入れることのできる神秘性と言ったらいいのか? 僕が中学生の頃読んだ、故武満徹さんの文章で、インドネシアの影絵とMerceのことを結びつけて書いていたような記憶があるのだが、その時は意味が解らなかった。それはJohn Cageのコンセプトでもあり、アメリカの誇る文化だと思った。このようなことは、誰もができないことだと。それ故、ムーブメントは絶対的にアカデミックでなければいけないことを痛感。ムーブメントが、少しでもひるんでしまったら、そこに存在することの意義はなくなってしまう。1時間以上はやっていた。小杉さんの音の意味も十分理解できたし、チャンス・オペレーションの意味も十分納得した。すっごくsite-specificに向いているMerceだと思う。次第に、西日も染めてくる時間帯も良かった。そして、最後に、二つの空間で踊っていたダンサーはぴったりと同時に終わる。その瞬間が良かった。二つの空間の関係性はでたらめのように見えるけど、しっかりのMerceの中に出来上がっていて、まさしく抽象という名にふさわしい雄々しさを感じた。ダンサーはタスクを堂々と遂行していた。ほんとうに良かった! またMerceのsite-specificを見たいと強く思った。今年『NY Times』に、2年後にカンパニーは解散すると、彼が生きているうちに遺言を宣言して話題になった。このカンパニーがなくならないように願うけど、とてもカッコいいMerceだ。そしてJohn Cageとの久々の再会を楽しんでいると想像する。

実はその数日前に、Nicholas Leichterのsite-specificを見に行ったのだが、始まって急に雨が降って来たので中止になってしまった。根性ないな~と思いながら、雨の中、何故ダンサー達はカニングハム・テクニックでウォーミングしているのだろうと不可解に思っていたら、帰って来て、ビエナのインパルスタンツに参加している未奈からのメールでMerceの死を知って唖然とし、そうだったのかと納得した。その後、ニュースを見て再確認し、翌日『NY Times』に4ページにも渡って記事が載った。アーティスト同士は、情報交換が早いのと、こっちのダンサーの誰もがMerceをリスペクトしていると思った。

そして今回の最後のプログラム、Gabrielle Lansnerの作品。有名なデザイナーCaterina Bertolottoの衣装で、ダンサーは女性のみ。複合的に空間を使い、交わったり離れたりと、音楽はリリカルな音で、女性特有に醸し出される美しい全体性と、流れるようなムーブメントが、野外における昼間の日常の中の幻想性に誘う。ダンスはもとより、遠くに船の通りすぎる時間、波のせせらぎの音、NJの連立するビル、湾曲する空間、叙情的な音、じっと見つめるお客さん達……あらゆる時間を同時に感じることができ、そして、そこに自分が見る場所を選ぶことによって、自分はじめ、それぞれがお互い存在していることを感じ、尚かつ見慣れた風景を改めて認識すること。それは、site-specificの醍醐味でもある。このようにアートが市民社会に浸透することが、日本においてできればと思うが、先は遠いのかな? 努力したいと思う。

b0165296_1553734.jpg
b0165296_15532088.jpg
b0165296_15533288.jpg
b0165296_15534585.jpg
b0165296_15535756.jpg

[PR]
by bodyartslab | 2009-08-19 00:00 | Essay

新人振付家のためのスタジオシリーズ オープンリハーサル

こんにちは、今、岐阜におります。地方の方々のコミュニティの素晴らしさに日本人の原点を感じています。それは、江戸時代の庶民のようであり、NHKの朝の連続テレビ小説の一場面のようです。

この度WWFesのプレイベントとして、「新人振付家のためのスタジオシリーズ」の公開リハーサルが行われます。
やっとこの日が来たのだと実感しております。
公開リハーサルでのお客さんとのフィードバックを通して、アーティストは本番に向けて作品を再度考え、よりよいものにします。そして、そこにおいて、一般のお客さん、またはアーティストとのサポーティブな関係が生まれます。通常、公演が終わり「打ち上げの会」という、一場しのぎで、感想を聞いたりして、コミュニティをつなげますが、これには、いつも疑問がありました。もっとも重要な時期はいつなのか、その時期に感想を聞きあうことが重要ではないかと思います。
今回、トヨタ芸術環境KAIZENプロジェクトを通して、このプログラムが、おおやけに触れることによって、そのような機会が多くなって欲しいし、アーティスト同士もそれを認識することが重要ではないかと感じております。
作品が、一場しのぎで作ったものではなく、発酵して輝かしいものとなるために。

お時間ありましたら、お立会いください。

山崎広太



新人振付家育成のためのスタジオシリーズ詳細

振付家:
福沢里絵[キュレーター 厚木凡人]
捩子ぴじん[キュレター 手塚夏子]


オープンリハーサル
■日時:6月21日(日)19:30−21:00 
■会場:スタジオ アーキタンツ
■入場料:無料

ショーイング
■日時:6月27日(土), 28日(日)20:00開演
■会場:スタジオ アーキタンツ
■入場料:500円
■お申し込み:プログラム名・日時、氏名、年齢、メールアドレスをご記入のうえ、以下までお申し込みください。
workshop@bodyartslabo.net 


主催:Body Arts Laboratory
助成:トヨタ芸術環境KAIZENプロジェクト

* この企画は、Whenever Wherever Festival 2009(6月22日-7月12日)の一環として行なわれます。
[PR]
by bodyartslab | 2009-06-19 12:25 | Essay

Danspace at Baryshnikov Arts Center ショーケース

皆様いかがお過ごしでしょうか。NYも、夏の気配を感じさせる、西日が街を染め、少し気だるいビールの美味しい季節です。
山崎広太です。12月に行われるカンパニー公演のリハーサルも開始しました。

今年は、Body Arts Laboratoryを立ち上げ、遂にWhenever Wherever Festival(ウェン・ウェア・フェス)が行われます。いままでにない、画期的なことだと思っております。それに、ずっと関わってきました。もう少しでチラシが出来上がります。後日、Webでも配信いたします。楽しみにしてください。

この度、このようなことに参加します。日本で話題のスティーヴ・パクストンも一緒です。NY在住の方は、ショーケースですが、もしお時間ありましたら、ご覧頂けたら嬉しいです。白塗り舞踏ソロをします。


Danspace at Baryshnikov Arts Center
Featuring Tradition, Inventions, Exchange


A video/sound installation by Molly Davies examining
artistic exchange in Indonesia, Japan and the US


Thursday, June 4
6PM/Gallery Opening
Free admission
Call for reservations: 646-731-3218


Saturday, June 6
1 PM/ Roundtable discussion with guest artists and participants
2 PM/ Reception and talk with Molly Davies
3:30 PM/ Performances by Polly Motley (joined by Diane Madden),
Steve Paxton, Sardono W.Kusumo, and Kota Yamazaki


Tickets: $20
www.ticketcentral.com / 212-279-4200


Installation also open for viewing
June 5 + 7-11, 2009, 11AM-6PM


BARYSHNIKOV ARTS CENTER
450 W. 37TH STREET, NY, NY10018
www.bacnyc.org
www.danspaceproject.org

[PR]
by bodyartslab | 2009-06-03 03:39 | Essay

ベニントン報告2

こんにちは。山崎広太です。
日本は、そろそろ桜の便りが届き始める頃でしょうか?ここバーモント州は、そろそろ芝生が緑に色ずき始めました。春ですね。

ここでは、週に2回、僕は舞踏のクラスという項目で教えています。未奈はムーブメントプラクティスというテクニックの中級クラスです。でも、以前ダック・バローンカンパニー、そしてトリシャ・ブラウン・カンパニーでアシスタントとしていた、Gwen先生が、ローザスの学校P.a.r.t.s.で教えるためベルギーに数週間行ってしまうのと、元デビッド・ドフマンカンパニーのダンサーのJoeが、今週、スーザン・マーシャルカンパニーでの公演に出演のためいないので、僕達は彼らのテクニック・クラスも代行するので、ここ2週間ちょっと大変です。

僕のクラスの内容は、タスクを伴ったペダスタリアンムーブメント(日常的な動作)、僕の中にある舞踏、ほととんど動かないウェイティング、そして言葉との関係の模索で、舞踏的アプローチによるコンポジションクラスにしています。アメリカの生徒に舞踏の典型を教えても、余り意味がないと思うので、それよりも、舞踏ってどういうものか、作品を創ることは、どういうことなのかなど、伝えられたらと思っています。生徒は、演劇科、ダンス科、文学、哲学、考古学、科学専攻など多彩です。演劇科の男の子が多くて、かなり皆、特異なキャラクターを持っているので、楽しいです。この前、皆、言葉のイメージからムーブメントが直ぐ作れるようになったので、日常的な会話しながら、そのムーブメントを同時にしたら、とんでもないことになっていて、凄かったです。ロジックな英語と、可笑しな身体のアンバランスと、皆キャラが濃いので、痛烈で、こんな世界は、見たことがなかった。

未奈のクラスは、身体意識、空間意識を開いて、身体を自由に、かつ敏感にする作業からはいることが多いです。Authentic Movement(生の、真の動き、かな?)という、他者に見られる中で、どう自分自身の身体の素直な衝動を受け止め、遂行するかというエクササイズは、全くのダンス初心者から、上級者まで、とても有効なもので、生徒の反応が、観ていてとても面白いです。NYのDDという振付家から未奈が習い、それ以降、彼女のもっとも好きなエクササイズになっています。

ここはアメリカ・ダンス・フェスティバルの発祥の地らしく、とてつもなく広い木の柔らかい床面のスペースが劇場になっています。マーサ・グラハムに因んで、マーサ・ヒル・シアターと呼ばれています。他、このような恵まれた環境で、教えとリハーサルをしています。

b0165296_772746.jpg

[PR]
by bodyartslab | 2009-03-23 06:57 | Essay

Burt Supreeさんについて、Deborah Jowittさんと仲間たちのレクチャー

山崎広太

b0165296_827333.jpg


山崎広太です、今、アメリカ、バーモント州のベニントン・カレッジで4月中旬まで教えています。

3月7日、40年"Village Voice"で書いていた、Deborah Jowittさんのレクチャーがありました。内容は、もう亡くなったジャーナリスト、Burt Supreeさんの紹介でした。Burtさんと共に、アートジャーナリズムに関わってきた、彼を偲ぶ仲間たちは、もう、みんな、白髪の老人です。

Burtさんの批評はダンスが解らない人でも、想像力を掻き立ててくれる批評が多いとのこと、彼の批評がダンス作品も創れるほどの、リズム感があるとのこと。英語だし、読めないんだけど。そして老人達で、彼の文を採集して、後世に残そうとしている姿に、とてもいいものを感じました。老人たちで編集しているからデザインもカッコ悪く、微笑ましい。いいデザインがあったら、意見をいってちょうだい、と生徒やレクチャーの聴講者によびかけていました。

Burtさんは、アーティストと多く交流し、アーティストから学ぶことによって、彼のスタイルができた、ってことも、言っていたような。一人の批評家の活動を後世に残すという作業も、日本にあっても然りなのかな? そしてBurtさんのような勇気ある批評家も出て欲しいと思いました。

Deborahさんに、生徒から、会の終りに、「私達が、アート・ジャーナリストに対して協力できることはありますか?」という質問がありました。 「ダンスは、社会的にも、小さい世界なので、少しでも多くの人が評論を読んで欲しい。そして、ダンスの話題が日常に交わされ、人から人に伝わってほしい。」とのことでした。そんなこと思うと、ダンスの言葉が、もっと社会に溢れなければいけないと思いました。
[PR]
by bodyartslab | 2009-03-16 08:48 | Essay