Body Arts Laboratory :: Blog

WWFes 2012|ラウンドテーブル記録を公開

Whenever Wherever Festival 2012のプログラムの一環として、5月26日、森下スタジオ Sスタジオにて行なわれたラウンドテーブルの記録をアップしました。



パフォーミングアートにおけるキュレーションをめぐる対話
WWFes ラウンドテーブル|On The Boat vol.1


武田知也(フェスティバル/トーキョー制作統括)
田坂博子(恵比寿映像祭キュレーター、東京都写真美術館学芸員)
田村友一郎(写真・映像)
中馬芳子(振付家、ダンサー)
手塚夏子(振付家、ダンサー)
武藤大祐(ダンス批評家)
山崎広太(振付家、ダンサー、BALディレクター)
司会:印牧雅子(編集者、BALプログラム・コーディネーター)

b0165296_2320772.jpgb0165296_23203039.jpgb0165296_23231028.jpg
写真左から:武藤大祐、武田知也、手塚夏子、田村友一郎、田坂博子、中馬芳子、印牧雅子、山崎広太

[目次]

セッション1.|キュレーションの現状について
- イントロダクション
- 《NIGHTLESS》《驚異の部屋》
- 粟島AIR / 《Where Are We Eating? What Are We Eating? and Who Are Cooking?》
- 場所の横断
- キュレーター/アーティストの関係――キュレーションの創造性

セッション2.|フェスティバルにおけるキュレーション
- F/Tとプログラム・ディレクター制度
- インターナショナリズムと流通
- 身体・メディア・主体

セッション3.|社会へのアクティビティについて――実践としての個々の活動とその思想
- コミュニティ・インディビジュアル・ディビジュアル 1
- 同 2――メディアとしての芸能
- 変容する脈としての芸能――芸能の伝承について
- 芸術と抵抗
[PR]
by bodyartslab | 2012-09-30 00:00 | News