Body Arts Laboratory :: Blog

記事掲載|『viewpoint』

公益財団法人セゾン文化財団のニュースレター『viewpoint』60号に、BALディレクター山崎広太による以下の記事が掲載されました。4年目のWWFesを経ての報告と、BALの今後の展望に触れたエッセイが綴られています。



山崎広太「アーティスト主体のBALが見据える可能性とは」

- BAL設立およびフェスティバル開始のきっかけ
- 今年のフェスを通して見るBALの今までとこれから
- 現状に対してのランダムノート
- 日本において、アーティスト間をつなげることとは
[PR]
by bodyartslab | 2012-08-28 13:57 | News