Body Arts Laboratory :: Blog

WWFes(アサヒ・アートスクエア・プログラム)公開!!

WWFes 2010のアサヒ・アートスクエアで行なわれる、パフォーマンス・プログラムのラインナップを公開しました。

創作プロセスを重視し、またアーティストがキュレーターをつとめるプログラムが特徴です。アーティストによるキュレーション(批評的視点)を介した新たなコミュニティ創造の実験となる、画期的なフェスティバルです(申し込み方法など詳細は追って発表します)。

【詳細情報】

Whenever Wherever Festival
会期|2010年7月3日(土)―7月11日(日)
会場|アサヒ・アートスクエア(一部森下スタジオ Bスタジオ)
料金|プログラムごと異なる

Programs
スタジオラボ
シェア・プログラム
くじ引きラボ
結ぶダンス
ショーケース
影響の不安
NOW, HERE, DANCE
REN DANCE&世代間の対話
リレー・コレオグラフ
プネウマとともに―ダンスとことばが出会う場所
気象と終身(仮題)
DekNoboパフォーマンス(仮題)
Exploring Performances Experimentally = EPE
Surfin’ Safari
会議を劇場作品にする道
声の影 koe no kage
透明なサイト・スぺシフィック
小川水素WS|GRIDの作り方 ショーイング|Site-specific Danc
生西康典・宇波拓WS|ことばにはできないこと(仮題)ショーイング
[PR]
by bodyartslab | 2010-04-22 00:00 | News